blog.tmp.online

プログラミング・飛行機・その他

原点回帰(1)

東京に来て最初の週末。11 月 21 日(土) に羽田空港へ撮影に行ってきました。

第 2 ターミナル編

普段、出雲空港では見ることのできない機体が多いです。

エア・ドゥ

北海道を拠点として主に羽田へ就航する AIR DO です。このデザインは昨年あたりから導入されたものです。爽やかなデザインです。B767B737 のペア。

f:id:tomohiko37_i:20151123021908j:plain

ANA

第 2 ターミナルは ANA の支配下です。ANA の国内線が目の前に駐機しています。第 2 ターミナルの目の前にある滑走路は「C 滑走路」で主に北方面やヨーロッパ方面へ向かう機体の離陸、同方面からの着陸に使用される滑走路です。例外的に島根県出雲空港福岡空港などへ向かう機体もここから離陸することが多いです。

f:id:tomohiko37_i:20151123022417j:plain

f:id:tomohiko37_i:20151123022442j:plain

f:id:tomohiko37_i:20151123022505j:plain

f:id:tomohiko37_i:20151123022531j:plain

f:id:tomohiko37_i:20151123022620j:plain

f:id:tomohiko37_i:20151123022649j:plain

JAL

よく展望デッキで撮影していると「第 2 ターミナルは ANA の乗り場だから目の前の滑走路も ANA の機体が飛ぶ」と大声で女性に向かってシッタカブリをしてお話されている男性の方がおりますが、大抵その話をした直後に JAL の機体が離陸してオイオイという空気が漂います。ターミナルは航空会社によって分かれていますが、滑走路は上に書いたようにフライトの方面や風向きによって使用する滑走路が決まります。パイロットからのリクエストによって場所が決まる場合もあるようですが、羽田空港のように混雑している空港の場合は基本的に決められたルールで運用されるのが常です。

f:id:tomohiko37_i:20151123022714j:plain

したがって C 滑走路も JAL の機体が離着陸します。

f:id:tomohiko37_i:20151123023111j:plain

f:id:tomohiko37_i:20151123023129j:plain

f:id:tomohiko37_i:20151123023207j:plain

f:id:tomohiko37_i:20151123023231j:plain

f:id:tomohiko37_i:20151123023257j:plain

ソラシドエア

ソラシドエアという航空会社をご存知でしょうか。厳密には現時点では誤りで、スカイネットアジア航空という航空会社が「ソラシドエア」というブランド名で運航しているのです。ところが、もうすぐ 12 月 1 日より会社名がソラシドエアに変わるようです。DOS/V パラダイスという PC 関連の販売する店がかつてありましたが、みんな「ドスパラ」と呼んでいたらいつの間にか店の名前がドスパラになっていたのと同じようなものです。

f:id:tomohiko37_i:20151123023337j:plain

スカイマーク

ご存知、今年の 1 月末に経営破綻をしたスカイマークです。国内の航空会社で初となる A330 を運航したり、客室乗務員にミニスカートの制服を着せたり、超絶広いシートで格安で運航したり、話題の多い航空会社でしたが、今現在はこの 737 のみで運航中です。

f:id:tomohiko37_i:20151123023927j:plain