blog.tmp.online

プログラミング・飛行機・その他

フルコース

こんばんわ。

また島根です。今回はほぼ仕事。

金曜日の夜に羽田で宿泊し、早朝7:10の飛行機で島根まで来ました。毎度飛行機に乗るたびにネタに遭遇する天性のSNS向きの人生を送る自称意識高い系です。

tomohiko37-i.hatenablog.jp

前回は人生初のゴーアラウンド体験でしたが、今回もいろいろありました。

搭乗機はこれ。

B767-300ERです。実は搭乗口で電光掲示板を見ていると機種がわかるのです。

767-300と767-300ERは別物です。

Extended Range

つまり航続距離を伸ばした改良版の機体のことです。同じように777などにもあります。

そして最近になって出雲便にも投入されるようになった新しいシートのJAL SKY NEXTでの運航です。従来のものより広い座席が快適です。おまけに機内のWiFiでインターネットにも接続できます。

でもなんか時々iPhoneで機内のWiFiにつながらないことがあるんですね。まあ国内で短距離区間の有料なんで使う人も少ないのかもしれませんが、特にそういった声も聞こえないので他にもつながらない人がいるのかなぁ、とは毎回思います。

さらにいつも絶好調のGPSロガーが今日は途中から完全に衛星をロスト。ずっとダメでした。今日のフライトは記録を取りたかったので残念。

出発前に滑走路まで向かう途中にはダッフィも見れましたし、

star warsもこの通り。まあこれはこれで満足です。やはり機内用に一眼レフを持っていた方がいいですね。

出発直後の上空は良い天気でした。

富士山もこの通り。

そして通常は上空で飲み物が配られた後くらいに機長のアナウンスがあるのが通例なのですが、今日は何もなく。なんとなくいつもと違う感じ。

到着の少し前に機長のアナウンスが。

出雲空港は現在悪天候のため着陸ができる指定にはなっていません。出雲空港の天候が回復するまで上空で待機します」

というアナウンスがありました。来ました。今回も。実は上空待機は過去にも経験があって、ちょうど一年前に初めて島根へ来た時も悪天候で上空待機でした。この時期は多いのかもしれませんね。

約40分ほど島根県の上空でグルグル回っていたようです。ようやく着陸、と滑走路へ降下していったところ、急に上昇開始。ゴーアラウンドです。

日本の航空会社は徹底していますので、機長と副操縦士の両方が着陸にOKしないと必ずゴーアラウンドします。

再び上昇して機長のアナウンス。

「滑走路付近に雲が出ていて視界が悪いため着陸をとりやめました」

さらに、

「後続の2機が先に着陸した後に再び着陸態勢に入ります」

管制官からは着陸許可が出たもののパイロットの判断で着陸をやり直した場合は、次に着陸するのは続く後続機になるので私が乗っていた機体は後続機を待ってからになります。

さらに上空待機。

ようやく着陸しましたが、2度目は侵入方向が逆でした。滑走路の使用方向が変わるランウェイチェンジがあったようです。

無事着陸できて一安心です。

着いてしまえばどこが悪天候なんだ?というほどの良い天気でした。空港が大きな湖に隣接する形であるので、早朝とかだと霧が出たりするのが出雲空港の特徴です。

この時期は昼くらいの便の方が安定しそうですね。