blog.tmp.online

プログラミング・飛行機・その他

自家用 787-9 で大阪までフライトした話

昨日の記事が準備編ということでマニュアルを印刷してとりあえず購入した 787-9 をインストールしたのでした。

tomohiko37-i.hatenablog.jp

tomohiko37-i.hatenablog.jp

ということで昨晩早速初飛行に臨みました。恒例の羽田空港から伊丹空港への完全オートパイロットでのフライトです。天気は昼間、快晴という条件にしてます。

f:id:tomohiko37_i:20160603131326j:plain

34R から離陸してギアアップした状態です。この辺まではやることが多いのでスクリーンショットを撮っている暇があまりないのです。

f:id:tomohiko37_i:20160603131604j:plain

離陸してすぐに右へ旋回。まあ自分では何もやってませんが。オートですオート。

f:id:tomohiko37_i:20160603131641j:plain

しなやかな機体。スクショ撮影に余念がありません。

f:id:tomohiko37_i:20160603131751j:plain

羽田空港を眼下に太平洋の上に出てきました。ここから一路大阪へ。

f:id:tomohiko37_i:20160603131846j:plain

富士山も見えます。

f:id:tomohiko37_i:20160603132015j:plain

機内の様子。個々の席にモニタが用意されています。国際線の機材っぽいですね。

f:id:tomohiko37_i:20160603132102j:plain

機内の照明も変えられます。787 だけができるレインボー。ちなみに実際は CA さんが操作するのでやってくれない人の時は普通の照明のままです。私が過去に 787-9 に乗った時は降りる時にレインボーにしてくれました。

f:id:tomohiko37_i:20160603132316j:plain

ちゃんと窓の外も上空になっています。

f:id:tomohiko37_i:20160603132417j:plain

ちゃんとエコノミーっぽい席もあります。芸が細かい。

f:id:tomohiko37_i:20160603132459j:plain

サミットで話題になった中部国際空港セントレア。なんか陸地とつながっていない孤島になってますが、その辺はご愛嬌。ここら辺まで来ると 24,000ft まで上昇して巡行します。

f:id:tomohiko37_i:20160603132608j:plain

のんびりしている暇はなく、巡行になったら降下準備に入ります。コックピットであれやこれや操作して準備開始。

f:id:tomohiko37_i:20160603132702j:plain

準備が終われば待つだけです。

f:id:tomohiko37_i:20160603132957j:plain

フラップを下ろしつつギアダウンもしました。車輪が出ましたね。ここまでくるともうやることはありません。見ているだけです。

f:id:tomohiko37_i:20160603133104j:plain

前方に伊丹空港を確認。ばっちり着陸コースに乗ってます。

f:id:tomohiko37_i:20160603133140j:plain

ちゃんと千里川の土手に人がいるのがさすがです。

f:id:tomohiko37_i:20160603133219j:plain

ランディング。

f:id:tomohiko37_i:20160603133254j:plain

無事着陸しました。さすがオートです。

f:id:tomohiko37_i:20160603133325j:plain

伊丹空港もアドオンを購入してより詳細なターミナルなどが描画されるようになっています。かなり本物に近い感じで絵になっています。

ここまでマウスとキーボードだけで操作可能です。いろいろフライトプランとかを作れれば世界各地へ飛べるんだと思うのですが、羽田 - 伊丹でとりあえずは練習をしようと思います。