blog.tmp.online

プログラミング・飛行機・その他

本業は航空機撮影ですっ!

最近Vitzで道の駅ばかり回っているので忘れてしまっている方もいらっしゃるかもしれません。本業は航空機撮影を趣味にしています。

といいつつ今日も朝から車で道の駅巡りをしてきましたが、一旦自宅に帰ってiPhoneをいじっていたら名古屋から出雲空港へ向かうFDAの便が最新の機体である11号機であることがわかり、法定速度を割と守りながら車で出雲空港へ向かいました。

いつも過疎っていて道なんか混んでもいないのに、こういう急ぐ日に限って道が混んでました。16:40ころに着陸するのですが、着いた時にはもう着陸寸前でした。ギリギリセーフ。

実はこの新型FDAの11号機ですが、全機体色違いにしていたFDAがついに同じ機体の色を使ってしまった禁断の機体です。

↓これは以前出雲空港で撮影した同じ色の4号機。

ぱっと見はわかりませんね。違いが。

↑これはどうでしょう。4号機。

↓これは11号機。

わかるでしょうか?主翼の先端が上向きにクイッと曲がってますね?その角度が11号機の方が角度が浅いです。4号機はかなり急角度ですね。

ゴールドの9号機あたりからウィングレットと呼ばれるこの主翼の先端が新しくなりました。

↑このゴールドは浅い角度。

↑この1号機はキュッと上を向いてますね。

さらに11号機は新しい装備もあります。

垂直尾翼の黄色い部分の上の方に突起がありますね。これは「ILS CAT-IIIa用No.2 VOR/LLZアンテナ」というもので、場所や天候なども関係しますが自動着陸をするためのアンテナです。

さらにさらに。11号機は少しボディが長いのです。エンブラエル175という機体です。

ちなみに4号機はバックアップ的な位置付けの機体となり、チャーターや機体が足りない場合などに利用されるとのことでこの色のメインは11号機になるようです。

あと撮影できていないのはシルバーだけです。