blog.tmp.online

プログラミング・飛行機・その他

真の大〆縄を見た!

10/22(土)前日の地震の余震も続いていますが、松江市のあたりは特に揺れを感じません。どちらかというと鳥取の南側にある岡山県のあたりの方が揺れることがあるみたいです。

断層は南北にあるのですかね。

山道や海岸線を走るのは少し控えておこうかな、ということで車で出雲大社へ行ってきました。もう何度かきているので真新しさはないんですが、定期定期お参りしておくのは良いものです。

なぜかこの場所に来ると写真を撮ってしまいます。別に何も変わっていないんですけどね。

お約束の〆縄。

と思っていたんですけど、実はこれじゃないんです。出雲大社と言えば大〆縄というイメージがありますが、これはまだラスボスではないことが判明。島根に移住してから数回は出雲大社に行ってますが、私は真の大〆縄を見ていなかった!

翌日の10/23(日)にリベンジしました。

朝9時過ぎに自宅を出発して再び出雲大社へ。雨が降ったり止んだりしていましたが出雲大社に到着したときは雨が止んでいましたが、折りたたみ傘を持参して参拝に向かいました。

でゅわ!

建物や人間のサイズと比べると大きさの違いは歴然としていますね。こちらは「神楽殿」という建物です。出雲大社で結婚式を執り行う場合はこの建物で行われます。この日も結婚式が行われているようでした。

参拝する場所も大きく、ここでもお参りしてきました。意外と信心深いのです。

看板が出ていました。来週、横綱の土俵入りがあるそうです。平日なので見にはこれませんが。

帰りに普段見ていた〆縄もチェック。やはり大きさが全然違うことがわかります。

位置関係を確認。案内図の下の中央にある道を上に上がって来るのですが、正面にあるのが小さかった方の〆縄です。こりゃわからないまま帰る人も多いんではないでしょうか。

この写真は、上の案内図の一番下の鳥居からさらに下(南)に向けて撮影したもの。中央の奥に見える白い鳥居の近くに車が停めてあります。そこまでは食べ物屋さんとかお土産やさんが並ぶ通りがあります。

南に向かって歩くと、右手に見えて来るのが「竹野屋」です。シンガーソングライターの竹内まりやさんのご実家です。老舗旅館。

そのまま歩くと左手に見えるのが「麺屋」です。よく出雲空港で「縁結び丼」というのを食べて写真を撮ってますが、そのお店の本家本元。

出雲大社の方のお店には入ったことがないので同じメニューがあるのかわかりません。今度はいってみたいと思います。

さらに南に行くと右手に「絆屋」というお店が見えます。ここでは島根和牛のライスバーガーが食べられます。寄ったのは前日の土曜日ですが、500円でライスバーガーを購入しました。

ライスに挟まれている焼肉が島根和牛らしいのですが、柔らかい肉で美味しいです。少し割高感がありますが、この味なら納得です。

店の中は若い女性客ばかりでしたので注文してから出来上がるまで待っているのは少し居づらい感じもしました。そもそも出雲大社自体がおっさんの一人歩きには不向きです。

( ;∀;)

白い鳥居を抜けました。

これが吉兆館という建物。道の駅にもなっているところで、ここに車を停めています。

この日はこれで帰宅。無事に真の大〆縄を見れたので満足です。夏に母親が島根に観光に来た際に連れていったときは小さい方だけだったので、またそのうち大きい方を見せに連れて行きたいと思います。