読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blog.tmp.online

プログラミング・飛行機・その他

FINAL FANTASY XV JUDGEMENT DISC(体験版)をプレイした。

塩を捧げる生活を始めたばかりですが、本当は9月末に発売予定だったのに極上クオリティを求めて発売延期になったFF15がようやく今月末に発売です。

tomohiko37-i.hatenablog.jp

体験版が配信になり、一晩かけてダウンロードしました。13GBあります。ゴールデンタイム鈍足回線の我が家では時間がかかりました。その名もジャッジメント・ディスク。

これやって買うかどうか判断しろということですかね。もう予約済みです。ナンバリングタイトルはオンラインゲーム以外はすべてプレイ済みなので今回も例外なくプレイ決定。塩はとりあえず置いておきます。

まあとにかくプレイ開始。

最初の章をプレイできます。王子様が自分の結婚式のために隣国まで行くのですが、なんと車で行きます。オヤジの車。友達3人と。護衛とかいないんですかね。そもそもこっちから出向くとか婿入りですか。

様々な疑問が頭をよぎります。

いきなりダイ・ハード

車がガス欠?故障?で押すところから操作可能です。電話でJAFとか呼べよ。

おまけに王子様が押してるし。運転席のやつ代わってやれよ、と。本当にこいつら親友なのか。このシーンではスタンド・バイ・ミーが流れます。

ようやく拠点となるハンマーヘッドという場所までたどり着くと、イケてるお姉さんシドニーが登場。露出しすぎです。整備をこのお姉さんにお任せしてその辺をブラブラして待ちます。

討伐?

モン◯ンみたいです。討伐ですか。ここではとりあえず依頼は受けずに一通り店を眺めてみることに。

いきなりミッション開始。生活費がなくて稼がないと。王子様なんだからお金たくさん持って来て欲しかった。おまけにあったばかりのシドニー姉さんに金の無心に行くとか。

金を稼ぐために討伐してこいと。この後、少しだけ内緒でお金くれます。優しいお姉さん。

ということで働きます。お金を稼ぐために。

戦闘は基本的に◯ボタン押しっぱなしで攻撃。◻︎ボタン押しっぱなしでガード。勝手に攻撃してくれるんで楽なものです。

敵に向かって、もしくはマップ上に現れた場所へ瞬間移動して攻撃できます。シフトという動作。敵の攻撃をかわすのにも使えそうです。なかなかテンポも良いので爽快感ある戦闘です。

キャンプ

フィールドで体力を回復するにはFF伝統の方法でキャンプがありますが、今回はかなり時間をかけた演出。

おい。そこからかよ。

テントやらなんやらをガチで準備。

みんなでキャンプ。楽しそう。ちなみにFF15は経験値を貯めてもレベルアップせず、キャンプもしくは宿で泊まった時に精算されてレベルが上がります。HPとかMPは自動回復するので従来の役割としては宿泊は不要なのですが、経験値の精算という点で宿泊をします。

討伐から帰ると車が治っていて出発。

途中でシドニーから荷物を届けておいて欲しいと頼まれていたので、モーテルに寄ります。王子様をパシリに使うとか度胸のいいお姉さんですが、金の無心をしてるくらいの王子様なので仕方ありません。

船に

ようやく目的地に到着。ここから船に乗って結婚する奥方のいる国へ行きます。

変なおっさん登場。船が出てないとか言ってます。なんか妙に馴れ馴れしいし、キモいおっさんです。

船着場へ行ってみると確かに船は出てません。新聞記者と名乗る男が船の手配をしてやるから代わりに宝石の原石を取ってこいと持ちかけて来ます。

シドニーといい王子様と知っててパシリに使う人が多い国ですが、大人しく原石を取りに行きます。

だんだん日が暮れて。

帰っきたときは夜になっていました。自称新聞記者の話だと船は翌日とのことで、この日はホテルに泊まります。

翌日。

お料理担当のイグニスが新聞を持って来ます。どうやら王子様の国で戦いがあったそうです。一旦戻るか、ということになり、

体験版終了。

えー。ここで終わりですか。オープンワールドなのであちこち自由に探索できますが、もうちょっとプレイしたかったかな。

でもまあネットで騒がれてるようなバグは特になかったですし、グラフィックも文句はないと思います。

グラフィックについては直前でファミコンミニやってたんでグラフィックレベルが30年前にタイムスリップしてるだけかも知れませんが。

動画を撮影した

戦闘シーンの雰囲気を味わうため,動画を撮影しておきました。

また、ハンマーヘッドのショップでドライブ中に聴けるBGMを100ギルで購入できました。

車で移動する時に「FF4のおもいで」とか聴いてみました。

youtu.be

youtu.be

youtu.be

ドライブもマップで目的地を設定してオートで運転してくれるので楽です。いきなり目的地に飛んでくれる機能もありますが、世界観を楽しむために飛ばさずに実際の走行を楽しんでます。

Amazon.co.jpで注文しているので、発売日当日にゲットできるとは思えません。届くまで体験版をやり込みます。討伐とか宝物拾ったりとか結構やることがあります。


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.