blog.tmp.online

プログラミング・飛行機・その他

天野喜孝・ファンタジーアート展に行ってきました

先日の記事で申し込みしましたよ、と書きました。

tomohiko37-i.hatenablog.jp

まだ雪が降ったり晴れ間がのぞいたりはっきりしない天気でしたが、開催期間が本日までだったので行ってきました。

初の雪道。というほど雪もなく、自宅マンションの前に少しあったくらいです。溶けかけのシャリシャリしたところはたくさん通りましたが、スタッドレスをせっかく履いてるので車で行きました。

まあ場所は歩いていけるところなんですが、歩道は全然除雪されてなくてスタッドレスつけた車が一番安全なのではないかと。

くにびきメッセと呼ばれる島根県立産業交流会館で行われました。ここは島根で何か展示会的なことをやるときは必ずと言っていいほど使われる場所です。

お仕事でも時々きます。

天野喜孝さんと言えばファイナルファンタジーシリーズで様々なイラストやパッケージの絵などを描かれてきた方です。それ以外にも小説などの挿絵や表紙でお見かけすることもあります。

まあ正直、昔はそれほど興味があったわけでもなく、どちらかと言うとアニメ調のクッキリした絵の方が好みなんですが、最近は天野喜孝さんの絵がどことなく好きになってきてます。やはり歳ですかね。

展示はそれほど多くなく、じっくり見ても30分弱。会場にはFF6の音楽が常に流れていました。歴代のFFの絵をじっくり見てきたわけですが、販売会でもあるため購入されてる方もいます。

実際、50万〜100万の値がついてるのに結構多くの絵が予約済みになっていることに天野喜孝さんの人気というか作品の素晴らしさが出ているのかな、と思いました。

まあ私もカメラには50〜60万はかけてるので、好きな人は購入されるのでしょう。私は自分の目で見てきただけで満足です。

お土産。入場するとポスターとマウスパッドがもらえます。

車にも乗れて、良い絵画を鑑賞することもできて、良い休日を過ごすことができました。