読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blog.tmp.online

プログラミング・飛行機・その他

G.W.前の週末ドライブ

Diablo3ばかりプレイしていましたが、天気も良かったので少しドライブに行きました。

4/22(土) 奥出雲

毎度おなじみの奥出雲へ行って来ました。実は毎回奥出雲へ着く直前に「サンクス あと9分」という看板が出ていました。

関東に住んでいるとサンクスと言えばコンビニですが、奥出雲ではショッピングセンターなのでした。

食料品とか雑貨類が売っているショッピングセンターなんですが、食事ができる場所もあります。

ラーメンとチャーハンのAセットです。まあ美味しかったのですが、お値段は1,000円。少し高い感じがしますかね。文句はありませんが。

食料品売り場も人が全然いなくて利用者としては買い物しやすかったので意外と良い場所かもしれません。ただし、車で1時間ほどかかるのですが。

4/23(日) メテオプラザ

1992年12月に島根県松江市の美保関のとある民家に隕石が落ちたそうです。厨房の頃でなんとなくニュースで見た記憶もありますが、その隕石をまさか25年後に島根で見る日が来ようとは人生何があるかわからないものです。

メテオプラザという施設が松江の美保関というところにあります。日本海側ですね。この施設は元々は隠岐の島という日本海に浮かぶ島へ行く船が出ている港「七類港」のターミナルに併設された施設なのですが、プールやジムなどがある建物です。その中にメテオミュージアムという隕石を展示している施設があります。

館内の様子。

宇宙食あります!食べてくるのを忘れました。

施設の4階にあります。入場料は500円。お客は私一人でした。入ると最初に10分ほどの解説映画を見るのですが、広〜い会場に一人ポツンと座って暗くなって宇宙に関する映像を見るのは少し不安がありました。

終わったら実物の隕石を見れます。

撮影はおそらくNGですし、これは実物を見る以上の感動はないので是非見に来て欲しいです。サイズは漬物石くらい。想像以上に大きいです。

そしてゴツゴツした感じかと思ったら綺麗に角が取れた丸みのある石でした。平安時代に落ちて来た別の隕石と元は同じ、ということまでわかってるそうですが本当かどうかはわかりません。

見学はすぐに終わり、港で隠岐の島へ行く船を見て来ました。車を乗せて島で自分の車を使うことも可能みたいです。

近くに「ほのか」というお店があったので。ラブライバーは反応してしまいますよね。実はμ'sのメンバーの名前のお店は会社の周辺に結構あって、「希(お食事処)」「絵里(スナック)」「まき(フルーツ屋)」「こにこ(居酒屋)」「凛花(キャバクラ?)」あたりは見つけていたのでした。「ほのか」というキャバクラもあるらしいのですが、場所がいまいちわかっておらず、こちらの店の方が良さげです。

入場記念のチケット。

スタンプも押して来ました。

隕石のミニチュア。2160円。文鎮です。本当は実物大の模型とか欲しかったのですが、ミニチュアしかありませんでした。 (ミュージアムには実物大のレプリカがあって持ってみることができます)

メテオというとどうしてもRPGに出てくる魔法を思い浮かべることが多いですが、隕石が本来の意味です。実物の隕石を見たのはこれが初めて。島根に来たら是非ともメテオプラザへも足をお運びください。