blog.tmp.online

プログラミング・飛行機・その他

極・出雲空港が国際空港になった日

先日、出雲空港からハワイのホノルル空港へ向けてチャーター便が出発した話がありました。

tomohiko37-i.hatenablog.jp

過去何度か国際線が飛来しています。

tomohiko37-i.hatenablog.jp

約5日間のハワイを満喫されたと思われますが、6/10(土)に出雲空港へ帰って来ました。朝方にflightradar24で見てみたらハワイを出たところでした。

日本までは8時間以上かかりますので、まだこの段階ではのんびりモード。出雲空港のサイトで確認したところ到着予定は14:45とありました。

自宅を13時頃に出発して出雲空港へ。

概ね時間通りの飛来。風が強かったので着陸は大丈夫か心配でしたが、バッチリ決めてきました。

今回は767対策としてレンズを通常使用している100-400の望遠から28-300の手元が撮れるものをチョイス。こちらも過去に30万近く出して買ってるレンズなので写りは文句なし。

近くに寄っても767の全景を収められます。出雲空港は滑走路に近すぎるところまで寄れるのでこのレンズの方が相性がいいかもしれません。

国際線の場合、乗客の荷物も国内線より多いですし、燃料もたくさん積みますから離着陸には長めの滑走路が必要になることが多いのですが、767だと出雲空港の2000m滑走路でも着陸できるようです。

ちゃんとスピードを落としてます。スポイラーが真上に展開してます。

滑走路の端でUターンして駐機場へ。

国際線のためか出雲空港の3つほどあるボーディングブリッジの一番端に入るようで、撮影している公園側に顔を向けてくれました。

無事到着。長旅お疲れ様でした。出雲空港からハワイに直接いけると言うのも考えてみるとスゴイことですね。観光地から観光地へ向かっているのですね。

国際線が到着して割とすぐにドクターヘリが出発しました。どこかで急病人でしょうか。

すぐに帰ってきました。機体番号が同じなので先ほど出発したヘリです。なんだったのか。

程なくして今度は国内線の767が到着しました。珍しく767が2機同時に駐機場に入る事態に!

国内線の767です。頭の上に白いものがあるのはWiFiのルータか何か。これがない国際線の機材は上空でWiFiが使えるのでしょうか。

豪華です。この空港にしては。

767の垂直尾翼が並びました。羽田なら日常的なこの光景も、出雲空港のような地方空港だと年に1回あるかどうか。

いい撮影ができました。