blog.tmp.online

プログラミング・飛行機・その他

写真の撮影可能枚数が倍率ドン!更に倍!〜iOS11の新機能「HEIF形式でのカメラ撮影」

iOS11がなかなかすごいです。画面収録も画期的ですが、ここのブログの記事をiPhoneアプリ版で書いていたらiOS11にしてから写真が貼れない事に気付きました。

と言っても一眼レフで撮影したものは貼れます。スクショもいける模様。どうやらiPhoneの純正カメラで撮影したものが貼れない様子。

調べてみたらiPhone7以降、iPad Proや2017年のモデルでiOS11になるとデフォルトで撮影した画像がHEIF形式というファイル形式で保存されるようです。

通常はご存知JPEG形式です。

で、たぶんはてなブログのアプリはHEIF形式のファイルを画像として貼れるように対応されていないということかと。

実はHEIF形式ってすごい

この形式は互換性が微妙なので、設定からカメラを選ぶと変更できます。

高効率というのがHEIF形式で、互換性優先というのが従来通り。高効率というとたぶん画像の圧縮率のことでしょう。実際に撮影した画像をサイズ比較してみました。

この画像を高効率(HEIF)で撮影したものと、それをJPEGに変換したもの、同様の写真を互換性優先(JPEG)で撮影したものをDropBoxへアップしてみました。

こんな感じ。一番上の拡張子が .heic となっているのがHEIF形式の画像です。その下がアップロードする際にJPEG形式に変換したもの。一番下が同じ写真をJPEGで撮影したものです。

サイズを見れば一目瞭然。確かに .heic のものが .jpg のものより半分以下になってますね。看板に偽り無し。確かに画像サイズが小さくなります。単純に倍は撮影できる事になるかと思います。

ただ、互換性が難しい感じなのでカメラの設定から変更するか撮影後にアップロードなどで変換するかして端末内にはサイズの小さな画像を残すようにするかの方法を選ぶ必要があります。

画像変換の手段を確立してるので容量の問題から .heic にしたいと思っています。少しずつアプリなども対応してきて近いうちに気にされなくなるとは思いますが、過渡期の現在は困りものですね。ここのブログにもそのまま貼れませんし。

悩ましい部分もありますが、画像ファイルサイズが小さくなれば保管などの問題にも対処しやすくなるので、今後はこの形式が標準になりそうですね。