blog.tmp.online

プログラミング・飛行機・その他

Project DIVAの集大成PS4パッケージ版「Project DIVA Future Tone DX」を購入した。

FF15のオンラインを始めたばかりなのですが、買ってしまいました。

これまでのProject DIVAシリーズの集大成とも言える作品です。収録曲数も238曲と大盤振る舞い。たぶん今までプレイした曲はもれなく入ってるはずです。というか入ってます。

おまけにPS4のクオリティの映像です。

私はこのシリーズは2ndとfをサルのようにプレイしてました。PSPとvitaですね。他のシリーズも買った記憶はありますが、曲が良かったのが2ndとfだったので印象に残っているのだと思います。

久々で腕は鈍っているのでEASYで何曲か懐かしい曲をプレイしてみました。ちなみにスクショはPS4標準機能でも撮れますが、PV再生で自由に止めて三角ボタンで撮れます。標準の撮影より短い間隔でパシャパシャ撮れます。おまけに標準と同じところに保存されるのでPVのスクショ撮りは標準ではなくてそのソフトの機能を使うのが便利です。

ただ、メニューとかPV以外は標準の機能でしか撮れませんので悪しからず。これがメインメニューで一番上の「リズムゲーム」がメインのゲームです。

メニューのカーソルを動かすと登場キャラの絵が表示されます。お馴染みの6人です。この6人全員が登場する曲は千本桜とかですね。見応えがあります。

それではプレイした数曲を。

「愛言葉」です。あまりに有名といえば有名ですし、初音ミクのボカロでは名曲中の名曲。2ndで登場しました。PSPの2ndで体験版があったのですが、その時プレイできたのがこの曲でした。私のProject DIVAは2ndからなので、初めてプレイした曲がコレなんです。そんな思い出の曲。とりあえず難易度も低いので最初にやるにはちょうどいいです。

街角でミクが一人でやるライブのPVですね。

当時はPSPのグラフィックでも物凄くよくできたPVだと思っていたのですが、それが10年くらいかけてPS4のクオリティになると流石に圧巻です。良くも悪くもリメイクなので、fから登場したサビのところで成功した時に演出が派手になるルートはありません。2ndの曲はどれもそんな感じです。

次。「アカツキアライヴァル」です。これはミクとルカのデュエット。2ndとfでは出てこなかったと思いますが、曲自体はどこかで聞いた気がします。

ほぼ初見なのでまだクリアできたくらいの腕前です。

二人がステージで歌うPVです。

EASYでも○と×の押し分けはありますし、LやRのスティックを倒すものも出てくるので練習が必要です。

日々のルーチンの中には組み込みたい曲です。

そして「カラフル×メロディ」です。これも2ndの曲です。ハイテンポでミクとリンが歌うとても印象的な曲です。

どの曲もそうですが、PVの完成度が高くて見惚れていると音符を見逃します。PVはPVであとからゆっくり見るのが良いと思います。

とにかく2ndには記憶に残る曲が多いです。

fの1曲目を飾った「キャットフード」です。1曲目にある曲はどうしてもプレイ回数も多くなるので手頃な難易度で印象的な曲が来ると思います。この曲もサビの部分がとても素敵。

プラットフォームがvitaになったこともあり、性能の向上からか演出も派手なものや作り込んだものになって来ましたので、従来以上に魅入ってしまいます。また、派手な演出のおかげで音符が見にくくなるのも難易度のうちになっているように思います。

次から次へとシーンが切り替わるのもこの曲の魅力。この曲はNORMALでパーフェクトを取った実績がありますが、残念ながら過去の栄光です。EASYでもクリアがやっとでした。落ちぶれたものです。

「メランコリック」です。fの曲。確か3曲目です。これもパフェ実績あり。リンのダンスがとても素敵。

この決めポーズが好きです。

クオリティ高すぎて音符を見失います。PVに魅入るか音符を追いかけるか、自分との戦いがこのゲームの真髄なのです。

本日最後。「夢の続き」です。fのラスボス。最後の曲です。とは言っても難易度は抑えめでRPGとかだと必ず勝てるラスボス的なやつです。イベントバトルみたいな。FF15で言うと最後のアーデン・イズニア戦みたいなもんです。

ただ曲は間違いなく最後を飾るにふさわしい名曲中の名曲です。ゴスペル調で4人出てきます。歌うのはミクだけだと思いますが。

テンポもゆっくりなのですが、気が抜けない曲。これこそラスボスにふさわしい曲です。

PVも4人が次々と光をバトンリレーのように受け継いで教会の中を進んでいくもので、最後を意識させる内容です。

この曲のためだけに買っても全然高くないと思います。私の一番好きな曲と言ってもいいと思います。