blog.tmp.online

プログラミング・飛行機・その他

「ニードルフェルトでねこあつめ」の創刊号 299円でニードルフェルト初体験!

旅から帰って来て雪が降ったので自宅でのんびりテレビなど見ていたのですが、CMで「ニードルフェルトでねこあつめ」というのを見かけて毎度お馴染みの創刊号だけ激安のアレか、と。

実は猫が大好きです。

過去には飛行機を撮りに羽田の北側にある城南島海浜公園へ行った時に猫さんからカメラ目線をいただいたことがあります。

以前にも記事に載せたかもしれませんが、ここの猫は飛行機を撮りにきた人が撮ることが多いのか、写真慣れしてます(生意気に)。

近寄ると逃げますが、基本的に飛行機を撮る人は超望遠レンズを持ち歩くので遠くから十分撮れます。おまけに時速250km/h前後の離着陸を撮る人たちなので、猫の緩慢な動きなどは止まっているようなものです。

レンズを向ければサービス精神旺盛です。

そんなわけで猫に興味があるわけですが、姪が買って作るんだ、と見せびらかせに来たので猫好きとしては黙っておられず、本屋で購入。

早速作ります。

ニードルフェルトとは綿みたいなふわふわした素材を丸めて針でチクチク刺して行くと目が詰まって硬くなっていくので、それでさまじまな形を作ろう、というものです。

地味に時間がかかりますが、初心者でもとりあえず形にはなります。

創刊号には針とピンクの台、それから初回のお題である「しろねこさん」を作るための素材がセットになっています。

この白い綿みたいなものを広げて、いくつかに分けながら作業を進めて行きます。

チクチク、ザクザク刺しながら無心になり頭の芯が出来上がります。まあ作り方は動画があるのでそれを見て貰えば解説は不要と思います。

できました。2時間ほどでできると書いてありましたが、私は3時間以上かかりました。なんか妙に腕が太くなってマッチョな感じなんですけど。

( ;∀;)

とりあえずダブルオークアンタを乗せてみました。かなりバランスが取れたと思います。

とりあえず創刊号は299円なので再チャレンジしたいと思います。ちょっと失敗ですよね。

( ;∀;)