blog.tmp.online

プログラミング・飛行機・その他

特別塗装機ヲ追跡セヨ!〜flightradar24を使った航空機追跡

当ブログで不動の人気記事が羽田空港の滑走路運用についてまとめたこれなんですが。

tomohiko37-i.hatenablog.jp

ありがたいことに未だに人気記事になっています。単に他に真っ当な記事がないだけだろう、というツッコミもあるかと思いますが。

この記事でも書いてますが、空港の展望デッキで大砲のようなカメラを持っていると飛行機に詳しいと思われるのか、いろいろ聞かれることがあります。

前の記事の「どこから飛ぶのか」が多いんですが、次に多いのが「何か珍しい機体が来るのか?」とか「スターウォーズの飛行機が来るのか?」などと言った特別塗装機に関するものです。

展望デッキで高価そうなカメラを持ってる人たちはそういうことを聞いて欲しくてたまらないので、是非聞いてみてください。詳しく教えてくれると思います。

まあ、ちょっと聞き辛いオーラの人もいるので、特別塗装機の追っかけの方法をまとめておきます。

flightradar24を使う

何はともあれ、このアプリを。

無料版で多分大丈夫です。私は利用頻度が異常に多いのでGoldプランに加入しています。

登録番号を知れ

飛行機には全ての機体に「登録番号」という車でいうとナンバープレートのようなものがあります。

日の丸の下あたりに「JA873A」と書いてあるのが登録番号です。「レジ番」とかいろいろ言い方があります。R2-D2ことANAの787-9はこの「JA873A」という番号で識別されます。

JAは日本の機体を表します。873の8は787だと思います。777だと7で始まってます。最後のAはANAですね。JALだとJで終わる機体が多いです。

参考までに。

  • R2-D2: JA873A
  • C-3PO: JA743A
  • BB-8: JA789A
  • Hello 2020: JA741A

です。まずは特別塗装機の登録番号を押さえておきましょう。

検索する

flightradar24で検索します。

画面上部の検索フィールド(白いところ)をタップして見たい機体の登録番号を入力します。

こんな画面に。今現在、飛行中だとLIVEという表示があります。試しにこちらをタップしてみます。

3/4(日)の午前中に検索した結果です。R2-D2は羽田を出発して静岡県の上空を飛行してジャカルタへ向かっている様子なことがわかります。

つまりこの状態で羽田へ行ってもR2-D2は見れないわけです。

R2-D2は国際線で使われる機体なので、出発した日は帰ってきません。翌日に帰ってきます。

先ほどの検索した画面で、下の履歴をタップすると、

こんな感じでR2-D2の運航記録が直近のものから順次見れます。有料会員だと数ヶ月前まで遡ってみることができますが、無料でも数日は見れるはずです。

このように各フライトの詳細な時間を見ることができます。3/2の情報を開いていますが、ドイツのミュンヘンから羽田空港までのフライトです。NH218便です。3/2の20:00(ドイツの時間)に出発予定で、実際には遅れて20:23に出発しています。

15:40に羽田に到着予定となっています。ただし、日付が変わるので3/3の15:40に羽田に来るわけです。

いざ空港へ

したがって、私は3/3(土)に羽田空港へ行けば15:40頃にR2-D2が戻って来るのをみれることになります。

どこの滑走路に着陸するかは最初にリンクしてある記事を参照してください。3/3(土)は昼過ぎから南風運用に変わりましたので通常はヨーロッパから戻る機体はD滑走路に着陸しましたが、R2-D2はB滑走路に降りました。

国際線ターミナルの展望デッキからはスカイツリーが見える方向にB滑走路があります。望遠レンズならこのくらいに撮れます。

あとは国際線ターミナルの展望デッキにいれば地上走行して目の前に来てくれます。

R2-D2とかBB-8は大抵は展望デッキの真下に来てくれるので、国際線ターミナルの展望デッキにいれば見れると思います。第1ターミナルの展望デッキでも少し遠いですが見れます。

スポットに入るまでは見れます。便によっては国際線ターミナルの拡張エリアの裏に入って展望デッキから見えない便も多いです。特に海外のエアラインはそっちへ行きます。

あきらめてください。誰も見れませんから。

出発は?

R2-D2の場合は到着した日はもう飛ばない(他もそうかも知れませんが)ので、見たら帰りましょう。

飛ぶ日は午前中に飛ぶことが多いです。ただ、行き先は直前に一般人が知ることができないので、出たとこ勝負です。

例えば、3/3(土)はミュンヘンから戻りましたが、3/4(日)は、

のように10:47に羽田空港を出発してジャカルタに行ってます。ということは、午前中に国際線ターミナルへ行けば見れたはずです。

ただ、ジャカルタ便にR2-D2が使われることが一般人にはわからないため、ドイツのミュンヘンになるか、フランスのパリになるか、シンガポールになるか、その日の状況次第です。

ドイツ、フランス、ジャカルタの時は午前中ですが、シンガポールだと午前中に出発しますが、戻って来るのは朝の6時とかなので見に行くのは難しいですね。

そのため、私は週末にflightradar24を眺めて土曜か日曜にヨーロッパから戻って来る日に羽田へ行くようにしてます。

まとめ

R2-D2のことばかり書いてますが、R2-D2は成田で運用される事もありますので、そもそもある時を境に成田へ行ってしまうとしばらくは羽田に戻ってきません。成田へ行きましょう。

私が初めてR2-D2を撮ったのも成田でした。2015年の11月の後半に島根から東京に長期で出張に来た時のことです。