blog.tmp.online

プログラミング・飛行機・その他

政府専用機を見に行きました!・羽田撮影日記(6)

昨日、9/23(日)に羽田空港へ撮影に行きました。ここまではいつもと同じですが、この日はとある目的がありました。

政府専用機が出る!

ご存知の通り、政府専用機は総理大臣や皇族の方々が主に海外など行かれる際に使用される航空機です。

所属は航空自衛隊。北海道の新千歳空港と並ぶ千歳基地に拠点があります。現在の政府専用機は747のジャンボ。最近、次の政府専用機が千歳基地へ飛来したというニュースがありましたね。今年度で新しい機体に切り替わります。現在のジャンボの政府専用機を見ることができる機会はもう後わずかなのです。

見事、三選を果たした総理大臣がアメリカへ行くために23日に羽田空港から出発することが防衛省のサイトで発表されていました。前日の22日には北海道から政府専用機が2機羽田へ飛来しておりました。

23日はその出発を見に行ったわけです。総理大臣をお見送りという形ですが、まあ機体が見たかっただけです。

ただし、ひとつ問題が。

時間がわからない。

まあ保安上の観点からでしょうが、何時に出発かという情報は一切ありません。Twitterで情報収集するも特に明快な答えは得られません。まあわかったらそれはそれで問題かもしれませんが。

仕方ないので早めに羽田空港へ行くことに。

所用もあり、羽田空港に着いたのは11時少し前でした。行き先はアメリカなので第2ターミナルの展望デッキへ行けばOKです。

しかし、到着した時にはすでに展望デッキには同業の方が数多くスタンバイされており、撮影できそうな場所が全然ありません。いざとなればちょっとのスペースから撮らせて貰えばいいのですが、できればちゃんと自分の場所を確保して準備したいところです。

ウロウロすること数分。かろうじて空いていた場所に荷物を置き、場所を確保。

まあとりあえず概ね離陸を撮影するのに問題なさそうな場所です。

一安心したので荷物を置いて場所を取りつつ、近くの売店でアイスコーヒーを購入。少し気温が上がってきたので水分補給をしながら撮影を開始しました。

ANAのSTAR WARS塗装機のひとつC-3POの出発です。福岡行き。実はこの飛行機はTwitterでフォローいただいているフォロワーさんが搭乗されておりました。

この日、ニュースにもなっていましたが福岡空港ではIBEXの機体が機材トラブルで緊急着陸をしており福岡空港は一時閉鎖されており、この機体は福岡空港着陸直前で上空待機していたようです。

そんなこんなで展望デッキには政府専用機狙いの同業者の方々が次から次へと。

やはり政府専用機は人気です。総理大臣目当てではないと思います。

しかし、昼を過ぎても一向に動き出す気配がありません。どこかで時間を潰すのもありでしたが、とにかく場所がなくなってしまうので動くことができず、一人で来ていたこともあり、11時に来て以来、ずっと同じ場所に居続ける羽目に。

結局、総理大臣が羽田に到着して政府専用機に乗ったのは16:30です。実に5時間半後。一度荷物を置いて場所を取ったままトイレに行きましたが、戻ってきたら子供連れのファミリーに占拠されており、私の荷物があるにもかかわらず知らんぷりで飛行機を眺めておりました。

まあみんなの場所ですから文句を言う筋合いもありませんし、とりあえずまだ出発しなそうなので無言で後ろに立ってTwitterとかをチェックしていたら「そろそろ別の場所で見よっか」と言う展開になり、ファミリーは移動していきました。

無事、撮影場所を再奪取したのであとは本当に出発を待つだけです。16:30頃に乗ったあと、ようやく動き出しました。

夕陽の光を浴びて最高のコンディションでの撮影になりました。この時の展望デッキに集まった人たちは全員がこの機体に注目していたと言っても過言ではありません。

普段の羽田への整備などで訪れた際の帰りは軽いためかものすごく早く上昇しますが、この日はアメリカまでの燃料をたんまりつめてあるからか離陸は遅かったです。

総理大臣を乗せてアメリカへ。

まだだ、まだ終わらんよ。

そうです。政府専用機はもう1機いるのです。影武者?いえ、副務機です。現地で故障などした場合を想定して2機体制で運用されます。

だいたい30分後に追いかけていくように離陸していきます。

時刻はだいたい17:30です。陽が沈んで少し暗くなりつつあるところで、この時間帯から先はカメラの性能が物を言います。

だいぶノイズが出てくるので編集時に軽減させています。こちらも燃料はたくさん積んでいると思われますので、離陸のタイミングはだいたい同じですね。

これで本当に最後です。

陽が沈んで、と書きましたが実際はこのくらいの空です。実に6時間くらい立ちっぱなしでした。久々にガチで撮影に向き合った感じです。お陰で政府専用機以外にもたくさん撮影したので、また少しずつ紹介していきます。