blog.tmp.online

プログラミング・飛行機・その他

2018年の私的10大News

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。

今年もやってきた10大ニュースの季節です。2015年にこのブログを開設してから毎年年末にその年の10大ニュース(自分の中での)をまとめています。

今年で4回目になります。月日が経つのは早いものですね。開設当初からお付き合いいただいてる方、今年初めてお付き合いいただくことになった方、様々ですがこれからも長く楽しく交流できれば、と思います。

tomohiko37-i.hatenablog.jp

tomohiko37-i.hatenablog.jp

tomohiko37-i.hatenablog.jp

今年は上半期にも10大ニュースを発表していましたが、それらを含めて10個のニュースを選択しました。予告編ともいうべき概要だけご紹介します。

第10位 無双×無双

毎年何らかのゲームの話はランクインします。今年はほぼ「無双」に尽きました。

  • 真・三國無双8
  • 無双OROCHI 3

押し寄せる大軍をどれだけ倒し続けたことか。今年の「無双」事情を振り返ります。

第9位 京王ライナー

東京だと実家暮らしなので会社までの通勤が結構負担になります。そんなサラリーマンのために私が利用する京王線で帰宅時に座席指定の列車を運行してくれることになったのが今年の2月です。

これまで乗った京王ライナーは全て写真に収め、乗った日と時間を記録しています。その記録と、京王ライナーの全てを余すとこなくご紹介する意欲的な記事になるといいと期待してます。

第8位 美少女の叫び

昨年あたりから美術館や博物館へ行くことが増えました。今年は「美少女」と「叫び」を見てきました。その時のお話です。

第7位 恒例のiPhone購入

2008年に日本にiPhoneが上陸して以来、毎年iPhoneを買っています。その歴史と今年買ったiPhone XS Maxについて語ります。

第6位 ミニマリストへの挑戦

11月くらいから始めたミニマリストへの挑戦。これまでの人生を根本的に変える事態であるとも言えます。最近こちらの記事が滞ってますので、その辺のまとめとミニマリストに対する考察などなど目白押しです。

第5位 伊丹の夏

夏休みに「遠征」で行ってきた大阪の伊丹空港でのお話です。暑い時期でしたが、連日有名な撮影スポットである「千里川の土手」へ行ったり、工事が終わった新しい伊丹空港の様子など楽しかった3日間を振り返ります。

第4位 関西国際空港

私がこれまで訪れた空港の中で最も好きな空港が関西国際空港です。今年は過去最高となる3回の遠征を敢行しました。

3回の遠征を通じて、また台風が直撃して大きな被害を受けたことで世間的にもとても話題になった空港でもありる点を踏まえて、私なりの「関空論」を語ります(本当か?)。

第3位 島根との別れ、そして再会

島根から戻ってきて1年半くらい経過しますが、6月に車を買い替えました。「島根」ナンバーを卒業し、これまで慣れ親しんだ「八王子」ナンバーに戻りました。

これで完全に島根ともお別れ、と思ったのですが、なんとなんと11月に島根に行ってきました。裏話的なエピソード(そんなものはありませんが)をご紹介します。

第2位 チャンスを生かせない人

今年、航空関連の雑誌「AIRLINE」に2回ほど写真が掲載されました。そして、10月の後半にここのブログが爆発的にバズりました。

ですがまだ私は普通のサラリーマンです。プログラムばかり書くのでIT土方かもしれませんが。

チャンスをモノにできなかった敗者の言。

第1位 Maki

実は書こうかとても迷った内容です。タイトルから女性の名前だ!ということで、恋人ができたのか!とか結婚するのか!とか思われた方もいるかもしれませんが、まだ悲しく独身です。平成が終わろうとも、新たな元号になろうとも、全くそんな気配はありません。

プログラミングの話です。

もう10年以上前から個人的になんとかしたいと思っていたプログラムをほぼ完成させることができた、という話です。プロトタイプ的なコードは昨年の段階で書けていたのですが、今年1年間でかなり定期的にコードを見直して機能を追加して自分の理想としていた形に仕上がってきています。

たぶん普通の人はそれほど興味のないプログラムだと思いますし、お金になるようなものでもないですし、たぶん公開することもないと思うのですが、仕事で数え切れないほどプログラムを書き続けてきていた割に、プライベートで書き上げたコードはたぶんこれが初めてです。

そんなコードに「Maki」という名前をつけました。別れた彼女の名前だとか、振られた片思いの女性の名前だとか、そんな台風みたいな命名方法ではありません。もっと適当な「なんとなく」です。本気で。

そんなコードにまつわるお話で今年を締めくくれれば、と思います。

ということで、10回分くらいの記事は今月この内容で攻めます。