blog.tmp.online

プログラミング・飛行機・その他

続・関西国際空港に来ました。

引き続き関空で弾けてます。

tomohiko37-i.hatenablog.jp

P.M.

午後は最近新しくなったという話の第2ターミナルを散策してきました。もともと第2ターミナルはLCC専用ターミナルとも言われてましたが、Peachの独占状態で「Peach専用ターミナル」という位置づけでした。新しくなり、春秋航空の国際線も第2ターミナルの国際線側から出るようになった模様です。

「ほぼPeach専用ターミナル」

第2ターミナルへ

無料連絡バスがありますので乗ります。たまに徒歩で向かう人やジョギングをしている人などいますが、それはマニアで写真の撮影スポットへ向かう人やスポーツでやってる人たちなので旅行者はバスをご利用ください。歩いて行くレベルの距離じゃありません。

最初にスタバに来ていた第1ターミナルを出ると「関西空港駅」があります。

関西の電車はよくわかりませんが、JRと南海電鉄というのがあります。改札には入らずにひたすら奥へ。

エアロプラザというほとんど日航ホテルの建物な気もしますが、食事をする場所やコンビニ、その他諸々があります。休憩もできますし、あまり混雑していないところなので関空に来た時はここで休憩することが多いです。

エアロプラザ内は明るい雰囲気のところです。入っところが2階なのでひとつ上に上がります。

お気に入りの松屋。島根にはないので関空に来たらマストな場所になりつつあります。

ファーストキャビン。3月頃に新しくできた場所です。羽田空港にもあり、早朝の羽田で写真を撮るときなどによく利用する簡易宿泊施設です。今回はここには泊まりませんので次回以降の下見をしておきました。安いので部屋の区切りとかないのが気にならない人はオススメです。

バスに乗るところの写真を忘れました。エアロプラザの1階にバス乗り場があるのです。バスに乗れば10分弱で第2ターミナルです。

こんな感じです。看板の下の赤いところがもともとの2タミ。ここにPeachの国内線と国際線が両方利用されていました。

それが最近になり看板の青いあたりがL字型に拡張され、国際線の発着に使われるようになりました。この「コ」の字になってるところを全体で第2ターミナルと呼んでいるようです。

従来の建物の入り口には国内線という表記が。

中の国内線は変わっていません。明後日の夜にここから成田行きに乗ります。

以前の国際線側。ガランとしてますね。今はまだ何にも使われていないようです。

国内線側を出て、国際線側へ行ってみました。

少し歩きます。

入り口を入ります。

Peachのチェックイン機が並びます。人がいないのはまだ時間にならないからでしょう。JALやANAのような大手とは違い、LCCは出発時間の90分前まで搭乗手続きができません。そのため時間が空く時は照明が落ちていたり人が誰もいなかったりします。

チェックインを済ませた人たちが向かう場所にも行ってみました。まだこの辺までは飛行機に乗らない人でも進めます。

保安検査です。この先は進めません。保安検査の先には出国審査などあるはずなので乗る人だけですね。いつか利用してみたいです。

保安検査の近くには待合コーナーがあり、登場予定の人が座ってましたが話題のガチャを発見しました。成田とかにもあるそうですが、日本に来た外国人観光客が帰る前に残った小銭を消費してもらおうと用意したものです。

やり方も。

日本では人気があるそうです。子供の頃はなぜかこれが楽しかったですね。最近はスマホゲーの課金ガチャの方が人気がありそうですが。

冷静になって考えてみればなかなかうまい商売ですよね。欲しいものが出たり出なかったり。出ないと何度もやりたくなったり。ギャンブル的要素が満載です。

散策を終えて再び国内線側へ。写真を撮るべく、ターミナルの外へ歩いて行きました。

駐車場でピンクのビートルを発見。これはPeachとフォルクスワーゲンがコラボした「機内販売で5台限定で買えるビートル」です。この車自体はPeachの社用車的なものだと思いますが。

ターミナルの外にはそらパークという小高い丘のようなところがあります。2,3年前に2タミの案内所のお姉さんにそらパークの場所を聞いたら場所はすぐに教えてくれましたが、怪訝そうな顔で「でも原っぱのようなところですけど・・・」とわざわざ行くようなところじゃなさそうなことを言っていたのを思い出しました。

今回はここを通過してもう少しバスが走って来た道を戻る形で移動しました。

ジョギングやウォーキングのコースがあります。空港なので旅行者以外が圧倒的に少ない場所ですが、こういった場所も用意されています。

そして、誰も歩いてる人などいない歩道を歩き、こんなアングルの場所へ来ました。Peachの機体が4機並んでます。

そしてこれがずっと撮りたかったショット。どういうわけか航空ファンに人気なのは垂直尾翼が並んだ写真です。たぶん飛行機全体はもう見慣れすぎてて少し変わった感じの写真じゃないと満足できないんだと思います。

出発するPeachの機体などもよく見れます。

ちょうど2本ある滑走路の間に位置するため、反対側を見ると離陸して行く機体も。大きめな機体ならこのくらいには撮れます。

Peachの奥側にある滑走路には着陸機が来るので降りて来た機体が目の前を通過します。

JALの787も目の前を通ります。これはホノルルから帰って来た便です。

途中で風向きが変わり、離陸していた滑走路にも反対方向から着陸するようになりました。いろいろ障害物が混じってますがシンガポールのLCCのスクートの787です。ここは787しか持っていない会社。

最近何かと話題の多いアメリカのユナイテッド航空の787です。最初の引き摺り下ろした件は会社側の問題だと思いますが、それ以降の話はマスコミの粗探しの標的になっている気もしなくもなく、密かに応援してるエアラインです。

連結バス

無料連絡バスが一部連結バスになりました。2台走ってるので運良く当たると乗れます。写真を撮影している間にも何度か通過して行きました。

これがノーマル型。

こんなデザインのもあります。帰りはノーマル型のやつを待って乗ってみました。少し待てばすぐ乗れます。時間に余裕があれば待ってみるのもいいと思います。

ちなみに追い越し注意の文字が。なるほどと思います。追い越してみたら長かった、というのもはたから見れば笑い話ですが、一歩間違えると事故にも繋がりかねませんし。

長いとこういうことにも気を使うのですね。今日はこれでホテルへ帰りました。

先ほど出てきた関西空港駅から南海電鉄に乗り2駅。泉佐野駅で下車してます。駅前にあるホテルです。空港まで近いので最初に関空にくるようになってから愛用してます。

明日は1日移動なしで関空で撮影です。