blog.tmp.online

プログラミング・飛行機・その他

真・出雲空港が国際空港になった日

残りの写真を公開します。 一応,以下の記事の続きものです。

tomohiko37-i.hatenablog.jp

tomohiko37-i.hatenablog.jp

f:id:tomohiko37_i:20150723124457j:plain

着陸の瞬間。JALFDA しか来ない空港なので一瞬ダイバート*1かと思いました。

f:id:tomohiko37_i:20150723124517j:plain

滑走路が 2,000m の空港*2ですから B737 が来ることが多いですね。

f:id:tomohiko37_i:20150723124549j:plain

真ん中では止まれず,滑走路端*3まで。

f:id:tomohiko37_i:20150723124558j:plain

やっぱり B737 でも大きく見える。

f:id:tomohiko37_i:20150723124611j:plain

国際線のスポットに入りました。

*1:目的地の空港が天候や何かの原因で閉鎖されたりして当初の目的地以外の空港へ向かうこと。機体に異常が見つかって緊急着陸をするような場合はダイバートとは言わないのかもしれない。

*2:そのため B777B747A380 などの大型機は飛来できません。

*3:出雲空港は平行誘導路がないのでターミナルまでのタキシングも滑走路を使用します。また,スポットに入る場所も滑走路の中間地点なので半分で止まれればすぐに入れますが,通過すると端っこで U ターンしてこないといけません。ちなみにこのような平行誘導路がない空港の滑走路は,端が少し膨らんでいて U ターンができるように「ターニングパッド」というものが用意されています。