blog.tmp.online

プログラミング・飛行機・その他

いいニュースと悪いニュースがある(後編)

7 月 1 日(土) に尿管結石で救急車に乗る羽目になったのですが,その数時間前のお話が「いいニュース」です。

tomohiko37-i.hatenablog.jp

島根県松江市に東京からやってくる場合は,主に羽田空港から島根県出雲市にある出雲縁結び空港まで JAL の飛行機に乗って来るのが一般的ですが,実は鳥取県境港市にある米子鬼太郎空港に ANA の飛行機で来ても時間的にはほぼ同じです。空港から松江市までのバスも出てますし,JAL のマイレージ貯めているなら出雲空港,ANA のマイレージ貯めているなら米子空港と使い分ける事も可能です。

私は仕事で会社に航空券を手配してもらうときは会社の購入の都合で出雲空港になりますが,米子空港を利用して東京へ行く方も結構いらっしゃいます。島根に来てからの航空機撮影はほぼほぼ出雲空港だけでした。近くに 2 箇所も空港があるにもかかわらず,やはり鳥取県ということで出雲空港に撮影に行くことが主になっていました。

tomohiko37-i.hatenablog.jp

過去に一度だけ米子空港へ撮影に行っています。時間帯の都合で旅客機は見れず,国産の YS-11 を見ただけでした。そんなわけで 7 月 1 日(土)も撮影に行く予定はなかったのですが,ふとネットでこのニュースを見つけてしまったのです。

ANA、米子に787初就航 7月から最大2往復

ANA の Boeing 787 が米子空港へ初就航,というニュースを!

1 日は引越しの見積もりが来る予定だったのですが,午後からの予定のため午前中は時間があります。掃除などしておこうと思ったのですが,急遽予定変更。朝 6:30 に起きてゴミ捨てや掃除を済ませて 9 時には自宅を出て米子空港へ向かいました。三度の飯より 787 が好きなワタクシですから,どんな用事があっても 787 が人生の最優先事項になります。

f:id:tomohiko37_i:20170702221621j:plain

f:id:tomohiko37_i:20170702221642j:plain

実は空港内には事前に予告されていた模様です。米子空港にちょくちょく来ていれば事前に分かっていたのかもしれません。いずれにしてもネットでニュースを見つけられたのはラッキーでした。

f:id:tomohiko37_i:20170702221918j:plain

展望デッキには人が集まりつつありました。セブンイレブンの人が展望デッキで飲み物の販売などしてましたし,ターミナル内や展望デッキでもイベントが開催されるようでした。個人的にそういったイベントそのものには興味があまりないのでとにかく撮影ができる良い場所を確保するのが先決です。

f:id:tomohiko37_i:20170702222044j:plain

米子空港の展望デッキは金網がありますが,カメラレンズを出すための空間は確保されています。成田空港などは四角い穴が空いている箇所がいくつもあるだけで,その場所が確保できないとレンズを出して撮影ができないのですが,米子空港の場合は横に長く空間が確保されているので親切設計です。割と場所はどこでも確保しやすいです。その中でもスポットの中央に陣取りました。

f:id:tomohiko37_i:20170702222316j:plain

羽田空港を出発するのが 9:40 で,米子空港到着が 10:53 でした。9:50 くらいには展望デッキで陣取ってましたので 1 時間くらいの待ちです。このくらいは普通なのでのんびりカメラを構えたりして撮影のイメージを練習していたのですが,空港職員の方が回って来て展望デッキにいる人たちに絵葉書を配っていました。全日空からのプレゼントということで 787 の絵葉書です。実はこれ ANA の飛行機に乗れば機内でもらえます。

f:id:tomohiko37_i:20170702222653j:plain

大勢の人が展望デッキに詰めかける中,お待ちかねの 787 が飛来。登録番号 JA810A の 787 ロゴ入りの機体です。やはり初就航ということもあり,機体にロゴが入っているものを出して来ました。と言っても国内線の 787 ではロゴなしは 1 機しかないのでロゴありが来る確率の方が高いわけですが。

米子空港も案外着陸間際を見ることができる場所がありそうです。来る飛行機が少ないのが残念ですが。

滑走路の端のあたりにターミナルと展望デッキがあるので、タッチダウンが真横から見れる感じです。

無事に着陸し、ターミナルの方まで移動してきました。787の後ろに見える水面は松江にあるもう一つの湖である「中海(なかうみ)」です。

早めにロケハンして場所を陣取った甲斐がありました。ドンピシャで目の前にやってきました。

到着。米子空港に787が就航した瞬間です。

折り返しの便が出るのは12:30でしたので、約1時間半ほどあり、その間に整備士の方々がエンジンなどを点検していました。それにしても飛行機のエンジンは大きいですね。

少し場所を移動して機体の787のロゴが見える位置にで撮影しました。

そして出発の時。プッシュバックされていく機体の中で、パイロットが手を振ってくれています。

押されていく787です。それにしてもこの空港は787が来る前も、来てからも他に飛行機がいません。おそらくは出雲空港よりも少ないと思われます。出雲空港はJALを中心に小型機が結構来ているので何の間の言っても便数は多いのですね。

みんなでお見送りしています。よく見ると真ん中のあたりにキタロウがいます。マスコットキャラまで出して来てお見送りする盛り上がりようです。

滑走路に向かう787を間近で見ている人たちがいます。この場所は空港の駐車場で、私もここの駐車場に車を停めていました。ここで見るのも悪くないかもしれませんね。

滑走路端に到着し、すぐに離陸態勢に入りました。

離陸に向けて加速する787。

羽田に向けて飛び立ちました。

お見送りを終えた方々が展望デッキに向かって手を振ってくれました。

中国地方の中でも、岡山空港、広島空港、山口宇部空港にはこれまで787が就航していました。今回米子空港に期間限定ではあっても787が来てくれましたので、中国地方で787が来ていないのは島根県のみです。出雲空港はJALのみの就航ですし、JALは787を国際線のみに使用していますし、滑走路も2,000mと短いため出雲空港に来ることはかなり期待薄ではありますが、いずれは出雲で787が見れる日が来ると良いですね。